FC2ブログ

ゴン太の過去

*メンバー紹介
10 /30 2017
103001

ゴン太がウチにやってきたのは2011年の9月11日。
当時、モモ(2013.8.28☆)が庭を散歩している時に
植え込みの中にいるゴン太を発見した。
子猫・・とは言えない大きさだったので捕まえられるかな・・・。
と、心配する暇もなく、目の前に出されたカリカリに入れ食いで
捕まえても怒りもせずに食べていた。

翌日、病院で検査してもらったら、左目が開かないのは
子猫時代にネコ風邪をひいていて目ヤニで目が開かない状態が長く、
薄い幕が癒着してしまったのだろうと言われた。
あと、血液検査でFIVキャリアだということがわかった。

いろいろ調べると、流血するほどの喧嘩とかをしない限り他の子にうつることはないということなので
あまり気にせず、他の子と同じようにしている。
※最近神経質になってきたウメだけは家庭内別居中。

103002 

半年から1〜2年くらいは野良生活を経験しているだろうゴン太の首の後ろには
野良時代の傷跡が数カ所ある。
何をしてもぬいぐるみ状態で無抵抗なゴン太が
首の後ろを見ようとすると抵抗する。
触れられたくない過去があるのだろうか。

よく、生きて、うちの庭にやってきてくれたね。

ポチっと応援よろしく~♪

 ポチポチッと応援よろしく~♪
 ポチポチっと応援よろしく~♪   にほんブログ村 猫ブログへ

コメント

非公開コメント

意匠屋

出会った猫たちを保護していくうち、気がつけば・・・
個人宅では保護にも限界があるので、いつかは保護猫茶屋をするのを目標に現在模索中です!