FC2ブログ

動物病院遍歴その2

*日常
07 /22 2018
今まで、あちこちの動物病院を渡り歩いている。
猫の扱いがあまりにシロートだったり、
症状について納得できる説明がなく、
薬を取っ替え引っ替えするだけだったり。。。

病院に対して不信感の塊になっているワタシは
ついマイナスポイントを探してしまう。
それも結構シビアな評価で。
マイナスポイントが3つついたらワタシ的アウト。

こちとら、ネコ飼歴30年以上、
3匹の最期を看取り、世話した里子の数知れず・・・
浪花節だよ〜〜♪

あまりの暑さに失礼いたしました。

去年の年末にウメを連れて行った病院は
先生の話はなかなか面白かったけれど
いっさい診察をしなかった。<その時の記事>
その時は、過剰に検査したり薬を取っ替え引っ替えってのに
不信感もあったので、逆に信頼できるかな?と思ってしまった。
その時からウメの体重は1kg以上減ってしまった。
もし、その時レントゲンを撮っていたら
肺は既に白かったんだろうか・・・とか考えてしまう。。。

コマをどこに連れて行こうか考えた時、
設備の整った大きめの病院にするか
町医者的なこぢんまりしているところにするか迷った。
悩んだ末、設備の整ったところを選んだ。

そこは、(まだ2回だけど)今のところマイナスポイントはない。
厳密に言うと、保定が下手でウメから採血できなかったり
体温を測るのが異様に時間がかかったり・・・。
レントゲンを撮る際に飼い主に押さえさせるとか・・ってどこでもそうなのかなぁ

コマの体重をこまめに(あっコマこまめに・・・ぷっ)測ってくださいと言われて
吊り下げ式のデジタル計りを購入した。
釣った魚とかを測る用のやつね。
IMG_7168.jpg
ところが、猫が動くと数値が動いてなかなかぴったり計測できない(´・ω・`)
これだったら抱っこして体重計に乗って
「えっとぉ、ワタシが44kgだからぁ・・・(うそ)」
とやってる方がましか(-_-;;;

IMG_7166.jpg 

胡桃は超協力的で自分から計測用の袋に入ってくれるw

IMG_7161.jpg 

終わっても入ったままw

以前、胡桃の調子が悪くて連れて行ったところは
家から近くに新しくできた病院だったので期待していたのだけれど、
薬を飲ませるのが(ワタシより)下手だったり、出された薬が違っていたり、
人間でも飲むのを苦労しそうな大きな錠剤をカットせずに出してきたり。。
他にも「?」なところもあったのでアウト。

そして、その時胡桃の体重を測ってもらったら5kgだと言われた。
その時はなんの疑いもなく
「え、けっこうボリュームあるのにくりゅみちゅぁんは5kgかぁ」
と思っていた。

しかし。
今朝、家で何度測っても6kg越え。
あれから1kg太ったとは考えにくい。。。
どこまでも甘ちゃんでお人好しなピヨ吉は
「病院の測定が間違えるはずないよ」と言うが
あるんやて。
マイナスポイントが後付けされてるし。

早く信頼の置ける主治医を見つけたい。


 ポチポチッと応援よろしく~♪
 ポチポチっと応援よろしく~♪   にほんブログ村 猫ブログへ

コメント

非公開コメント

やまねこさん

まったくその通りだと思いますっ!
先生の考え方とか人柄って見えてきますもんね。

ぁ、1/3・・・ソーデスカ(´・ω・`)
お若くていらっしゃる。。。

リンパ腫でお世話になった病院の若先生は
熱心に治療方法を調べてくれたり
セカンドオピニオン(サードまで)の病院に付き添ってくれて
医学的な経過説明もしてくれたりで
いい先生だなぁ〜〜って思ってたんですが、
数年後、2代目を継いだ途端、
金儲け的に豹変してしまって・・・。

先生が何人もいる大きめの病院は、
新人の担当に当たると・・いや、外れると
もう何が何だかって感じでダメダメなことが多いですもんね。
も少し助手として経験を積んでから担当医にしてほしいわ。

いいなぁ、遺産をつぎ込んでもいいって思えるような病院に巡り合えて。。
私も宝くじが当たったら・・・・
当たったら・・・・・・・・・・・・・
病院開業するわw
選り抜きの名医を集めて、儲け度外視で
保護猫茶屋を併設してる猫専門病院をw

病院って先生の腕もあるけど
結局は先生の人柄ですよね。
先生がいかに動物を助けてあげようと考えていたら
診察なしなんてことありえなーーーい!!

私は猫飼歴はsakur@さんの1/3しかないので
あーだこーだ言えるほど経験はないんですけど
初代たまの時に通った病院は先生(卒業したてのような若人)がゴロゴロいて
行くたびに担当違うし、一から話さないといけないしで
美容院の間違いじゃなかろうかというくらいな所でした
でもそこにかかり始めた頃は今の病院もなかったし
名前は知られていたし、信用してたんですけどね
まぁ、二度と行きませんし前を通りたくもないです
なので、先代の危篤状態の時に駆け込んだ今の病院は
夜に救急で開けてもらうとすぐに処置に取り掛かってくれて
辛い最期でしたが本当に手を尽くしてくれたのがわかりました。

病院が流行る理由ってやっぱり皆さんおんなじ思いできてるので
私は幸いにも車で10分もかからず行ける距離ですが
遠方からも来られている人もたくさんいるようです
病院内に誰一人『今日あの人いたらちょっとやだなー』っていう
スタッフの方もいないし、なつが亡くなった時もなつに覆って泣いてくれたり…
ありがたいことです。本当。
もし私に莫大な遺産があったら遺言に全額この病院に寄付して見かける野良ネコ全部救ってくださいって書くわ~
ただ全くないので本当に申し訳ない!!

gundogsさんの徒歩一分!!
なんて素晴らしい!本当、いい先生でかかりつけになるといいですね♪

gundogsさん

ぷりんちゃんは馴染みの主治医がいるんですね!
それは心強いですよねー。
いちいち最初から説明するの大変ですもんね・・・

ちむちゃんはクマゴロー先生ですかww
徒歩1分!!!
なんて素敵♪
いい先生だといいですね!

そなんですよ!
どう対処してくれるかって大事ですよね。
なんかこっちがシロートだからって適当にあしらわれると
わかっちゃいますよね。
説明を聞いてるのに1問1答せずに、
最後に口の中に残った数の子の一粒が
噛めないもどかしい先生とか(わかる?w)いますもんね。。

モモの大腸腺癌でお世話になった先生はまだ新米だったんですが、
(重要な手術は院長が立ち会ってくれてましたが)
膀胱を無くしたモモのために一緒になって色んな方法を考えてくれたり。
私の中では医療ミスが重なったのでは?という疑問はあったけれど
誠心誠意頑張ってくれていたのは理解できたので
それもまるっとモモの運命だったと飲み込むことに。
モモのお通夜に花を持って自宅まで来てくれた先生にそのままお話しすると、
助けられずに申し訳なかったとモモのために泣いてくださったのね。

その先生だったら、ちゃんと話を聞いてくれて
納得できる方法を模索してくれるんじゃないかと思っていたら
遠い病院に転勤してしまって。。。
病院遍歴が始まったとさw


ほんと、あほーーーーーー!でしょw

病院選びってほんと難しいですよね

うちはまだ2件しか行った事ないんですよ
ぷりんは保護に協力して貰った
ボランティアの方が良い先生だよって教えてくれて。

もう何度も手術でお世話になってるし
ぷりんの体調の事も分かって貰ってるからと
引っ越ししてから少し遠いんですけども
カルテもあるし面倒な説明もいらないからと
行ってますねぇ
うーーん、保定は看護師さんより
私がしてますねww
だってきっちり押えないと注射とか危ないのに
ゆる~く押えてて。
それはまぁ経験かなと思うし
飼い主がした方が安心するかも的なのかもしれないし
先生はちゃんと事細かく説明してくれるけど
最終決断は飼い主さんが決めて下さいって感じですね
まだ若いから知らない病気もあるだろうし
一緒に悩んでる感じの先生ですねww

今住んでるとこから徒歩1分に病院が出来ましてww
ちむ子はそこですね(ただ近いから~
クマゴロウみたいな先生ですけど
丁寧に説明はされますね
まだ3回くらいしか行ってないので
いいのか悪いのかあまり分からないww

重い病気になった時に分かるのかなぁ・・
何の病気かきっちり分かって
それに対してどう対処してくれるのか
そこが1番重要かなぁ

しかし沢山行かれて色んな先生いましたね!
薬とっかえひっかえて・・・
適当か!!
こっちの不安を少しでもひとつでも
取り除いてくれる先生に
出会えますようにお祈りしておきますね

猫の扱いがシロートって・・・あほーーーー!
(まだ言うww

意匠屋

出会った猫たちを保護していくうち、気がつけば・・・
個人宅では保護にも限界があるので、いつかは保護猫茶屋をするのを目標に現在模索中です!