FIVキャリアについて

*雑記
01 /25 2018

IMG_4632.jpg


ゴン太は、

保護した時にひととおりの検査や処置をしてもらって

FIVキャリアだとわかった。


色々サイトで調べたりして、人間には害はないとわかっていても

当時はゴン太を触ったり手を舐められたりすることに

ちょっとひいている自分がいた。(ごめんよぉゴン太)


それも1日も経てば、全く気にならなくなったけれど、

他の子達とは一緒にするかどうかは悩んだ。


ネットでいろいろ調べてみると、

どこも単独飼いや隔離をすすめていたけれど、

噛みつくような流血沙汰がなければうつりにくい病気であるというので

ゴン太との相性が悪く、孤独を愛するウメ隊長をVIPルームに隔離して

人にも猫にも超フレンドリーなゴン太は他の子と一緒にすることにした。


子猫を保護して、里親に出す場合には

先様が気にすると思うので検査は行うけれど、

うちの子の場合、特別必要でない限りはFIVの検査はしないことにした。


たぶんキャリアだったであろうさくらは、

斜頸で耳が全く聞こえず、小さい時によく熱を出していた。

獣医さんからは

「この子は長くないかもしれないので、いつでも覚悟していてください」

と言われていたにもかかわらず、21年の大往生を遂げた。


キャリアかどうかはわからないけれど、

リンパ腫で逝ってしまったキリは9年の命だった。


享年10歳のモモは血液検査で全て陰性だったけれど

大腸腺癌の手術で尿道を破損して、4度目の手術で帰らぬ猫となった。


キャリアであっても発症しないで大往生するネコ

キャリアじゃなくても他の病気で逝ってしまうネコ


結局はその子の運命なんだと思う。

だから、その子の定められてる寿命を全うできるように

必要以上に過保護にせず、不注意での事故とかに気をつけて

ネコたちと飼い主が共にストレスを感じないで

快適に過ごせるのがベストなのかなぁと思う。


注※これはあくまでも個人的な意見です。


ポチポチッと応援よろしく~♪
ポチポチっと応援よろしく~♪   にほんブログ村 猫ブログへ
 ポチポチッと応援よろしく~♪
 ポチポチっと応援よろしく~♪   にほんブログ村 猫ブログへ

置きカリカリ vs 定時給餌

*雑記
12 /01 2017
我が家は、全員ロイヤルカナン・インドアのカリカリにしている。
(おやつやご褒美に時々シーバ)

IMG_4480.jpg 

ある日、急に思い立ち、
飼い主として心を入れ替えよう!(大げさだけど)と、
それまではいつでも食べられるように
常にカリカリがお皿に入っている状態だったのを、
決まった時間にそれぞれの適量を計量してあげるようにした。

すると、カリカリを入れたとたんガツガツ早食いして、ゲボゲボする子や
夜中にゴミ箱や片付け忘れたキッチンの生ゴミを漁る始末。。。

ご飯タイムには与えられたカリカリを一気喰いして
まだくれ〜〜〜っ!まだひもじいよぉ〜〜〜っ!
と訴えるように鳴く。
特に朝のカリカリタイムが激しい。
あまりにビャービャーと鳴くのと、あさましくがっつく姿を見るに耐えかねて

もうっ好きなだけ食えっ!
ウチにいてひもじい思いはさせたくない(>_<)ノ

と、カリカリを山盛りにしてあげた。
飼い主がもたなかった。

どのくらい食べたら満足するんだろうと見ていると
ガツガツ2倍くらい食べて結局ゲボしていた。
※被検者きなこ

余るほど入れてあげると、ようやくガッつくのをやめて
2日目からは少しずつ食べるようになった。

IMG_4353.jpg 

カリカリブランドをロイヤルカナンにしてからは
だいたい24〜5日周期で10kg入りを注文していたのだけれど、
定時定量給餌していた約2ヶ月と
置きカリカリしていた時のカリカリ消費量は変わらなかった。

IMG_4352.jpg 

ざっくり計算でいくと
うちの子の平均体重が4.5kgなので標準体型で計算すると
1日の摂取量は約60gになる。
(若干下の欄に該当するアレな子もいるが。。。)

で、7匹×60g=420g/日 とすると24日で 10,080g

ざっくりあっている。

きっちり計って定時にあげても置きカリカリにしても
消費量が変わらない不思議。

うちの子(現在のメンバー)の場合は置きカリカリに軍配が上がった。

ポチっと応援よろしく~♪
 ポチポチッと応援よろしく~♪
 ポチポチっと応援よろしく~♪   にほんブログ村 猫ブログへ

首輪について

*雑記
11 /11 2017
猫に首輪って必要なのか、そうでないのか。
当然、猫は
「なにこれ?!ちょーかわいい〜♪」
とか思うはずもないので飼い主にとってということだけど。

kinako.jpg 

もちろん、9分9厘飼い主のエゴでしかない首輪だけれど、
必要性もすこ〜しある。

子猫の時や、新入りになりたての頃、
まだ慣れない部屋の隅に潜り込んだりしてどこに行ったかわからなくなる。
ずっと家にいる子でさえ、突然の来客や、雷の音とかに驚いたりすると
どこか隅に隠れて固まってしまい、じーーーっと動かなくなる。

そんな時、名前を呼びながら探すと

ちりりん♪ と首輪に鈴をつけていると目(耳)印になる。

IMG_0164.jpg 

猫にとっては鈴の音は耳障りで大迷惑だ!
という声もあるが、うちの子達はあまり首輪や鈴に対して
気になっている様子はない。

IMG_9324.jpg 

なるべく毛と擦れないように布ではなくビニール系のを探していて
なかなかいいのがないので自分で作ってみた。

IMG_2857.jpg 
(モデル:きなこ)
きなこには鈴は必要ないのでアクセントに魚骨のチャームをつけた。

IMG_4219.jpg

それでも、やはり多少は跡が残ってしまうので外していることが多いけれど、
脱走癖のあるコマには常に首輪をつけていることにした。

IMG_9480.jpg 

もちろん、猫につける首輪は負荷がかかるとすぐ外れるやつなので
万が一脱走しちゃった時用に、
首輪に住所とか書いておいてもほとんど役にはたたない。
が、
飼い猫の証拠になるのでは?!ということに気がついた。
保護された時にわずかな手がかりになるかもしれないという点で
首輪の跡もいいことかもしれない。

まぁ、脱走しないようするのが一番なのだけどね。

ポチっと応援よろしく~♪
 ポチポチッと応援よろしく~♪
 ポチポチっと応援よろしく~♪   にほんブログ村 猫ブログへ

薔薇って書ける?

*雑記
10 /25 2017
むかーーーし、そんなCMがあったよね、確かお醤油かなにかの。
「薔薇」以外に使い道あるんだろうか、この漢字。。。。

で、「げっしもく」って書ける?

IMG_3043.jpg

と思って書いたメモ。の写メ。
きっと、これから先も決して書かないであろう漢字ベストテンに入るわ。

ちょうど去年の今頃、ひと月後の愛玩動物飼育管理士の取得試験のために
普段使わなくなってしまった脳をフル活動させて試験勉強をしていた時のだ。

将来的に保護猫のお見合い場にもしたい「猫茶屋」を開業したくて、
資金以外で準備できるものはとりあえずとっておこうと思ったからだ。

IMG_3035.jpg

歴史から法律から動物の体の構造から、犬猫ウサギから爬虫類のことまで
幅広く浅く勉強しなくてはいけない。

猫に特化して深く掘り下げた資格があってもいいんじゃないかなぁ。。
鳥とか、ましてや蛇とかあつかわないし。。。

試験は5択とかだけど、当てずっぽうではまず無理。
さすがに勉強してないと合格はできないので、
知恵熱が出そうなほどがんばって例題集に書き込んで・・・
高校受験でもこんなに頑張らなかったっていうくらい。

やりましたとも。

IMG_3301.jpg

なんか、けっこう間違えてたような気がするが、
とりあえずゲット。

このほかにも食品衛生責任者の資格のための講習も去年受けてきた。
あとは、、、年末の宝くじに期待だぁっ!

ポチっと応援よろしく〜♪

 ポチポチッと応援よろしく~♪
 ポチポチっと応援よろしく~♪   にほんブログ村 猫ブログへ

はじめまして的な何か

*雑記
10 /13 2017
我が家には2017年10月現在、7匹の猫がいる。

家周辺で保護したり、保護団体の方から引き取ってウチの子になった。

7匹の猫との生活は今や「あたりまえ」になっているけれど、
やっぱり、他人に話すとちょっと(呆れて?)びっくりされる。
(一部の特異な方達からは羨ましがられるけどね)
(リアルねこあつめだよ〜んふっふふ〜ん♪)

この先、もう拾わないはずもなく、、、
庭に迷い込んできたり。外出先で痩せこけた子猫と目があったりしたら
後先考えずに保護してしまうだろう。
今まで自分で保護して里親に出した(押し付けた?)子達は10匹以上はいるけれど、
もう、周りも飽和状態・・・たぶん。。
なので (中略) 保護猫カフェなるものをつくればいいじゃん!と鼻息荒く閃いた。

が、
オリジナルなひらめきだと思ったシステムは既にあった。
でも、いつか自分でも「猫茶屋」みたいなのができたらいいなぁ♪という将来の夢ができた。
(将来って、いくつやねん。。というツッコミはスルーで)

で、
とりあえずカフェ開店のための「食品衛生責任者の資格」と
動物を取り扱うための「愛玩動物飼育管理士の資格」を取得する。
(あとは一番難しい資金なんだけどね。。。。今年こそはたのむぜっ年末ジャンボ!)

ま、
こんな感じで、7匹との猫達の暮らしのなかで、ふと思ったしょうもない妄想や、
多頭飼いについての独断と偏見たっぷりなワタシ的考察や、
できれば「猫茶屋開業までの道のり」的な内容も入ってくれるといいなぁと
FBや、ツイッターではなく、
あ え て ブログでもつぶやくことにした。

まだタイトルやフォーマットデザインさえ仮状態で
コロコロ変わるかもしれないけれど。。。

はてさて
 ポチポチッと応援よろしく~♪
 ポチポチっと応援よろしく~♪   にほんブログ村 猫ブログへ

意匠屋

出会った猫たちを保護していくうち、気づけば・・・
2017年10月現在7匹。
多頭飼いとなるともちろん苦労はありますが、1〜2匹では味わえない楽しさ・面白さもたくさんあります。ちょっとだけフツーでないかもしれない多頭飼いの魅力を自慢紹介していけたらと思います。