多頭飼いのトイレ事情

*多頭飼いメモ
12 /14 2017

一般的に、猫用のトイレは猫の数プラス1個が望ましいとされている。らしい。

が、それは飼育数がせいぜい3匹くらいまでのことであって、7匹もいると家中トイレだらけになってしまう。


そこで、ベストなトイレの数を割り出すための方程式を考えてみた。


  😼÷2+1=ベストなトイレ設置数


        ※😼(猫)に飼育数を当てはめる

        ※小数点の四捨五入は自己判断で。


  2匹=2個

  3匹=2.5個

  5匹=3.5個

  10匹=6個

    ・

    ・

    ・

  100匹=51個   あんまり意味ない式だった。。。(-_-)


というわけで、我が家には4つのトイレを3箇所に設置している。


洗面所にメイントイレ(システム式)がひとつと、

気難しいウメを相性の悪いゴン太と家庭内別所させているスペースにシステムトイレがひとつと、物干し場(半分外)にシステムトイレとコマ用(システムトイレ嫌い)に固まる砂タイプのトイレをひとつ、合計3箇所に4つを設置している。


人間的にはシステムトイレは非常にありがたい。

砂の飛び散りも匂いも少なく、掃除も楽だから。

しかーし、我が家だけかもしれないけれど、猫はやっぱり細かい砂タイプを好むようだ。


強引に全てのトイレをシステムトイレにした時、

コマは断固拒否して、布団の上にこんもりと抗議の印(ウ○チ)を置いた。

砂のトイレを戻したらそれはなくなり、しばらくして再びシステムトイレのみにすると、また抗議のおそなえがあったので間違いはない。


それ以降、コマ用にと固まる砂タイプのトイレをひとつだけ置いているが、

みんなそこでしたがる。

順番待ちができるほど人気のトイレスポット。


IMG_4671.jpg


コマ:知らんもんねーーーー


IMG_4673.jpg


花梨:じーーーーーーーー


ポチっと応援よろしく~♪
 ポチポチッと応援よろしく~♪
 ポチポチっと応援よろしく~♪   にほんブログ村 猫ブログへ

多いかな?と思ったら

*多頭飼いメモ
11 /29 2017
家に7匹の猫がいる。
IMG_3665.jpg 

何度数えても7匹。どう数えても7匹。
家中どこを向いても視界にネコがいる。

IMG_3507.jpg

脳裏に引っかかるキーワード。 

多頭飼い崩壊

多頭飼い・・・といえば「崩壊」が阿吽のセットでついてくる。。。
ような気がする。

もう、それはそれは恐ろしくて
そっち方面の情報(悲惨なニュース)はシャットアウトして
見ないふり聞こえないふりをしている。
なんか、自分が常識はずれなことをしているようで
現実を直視しないようにしているのかもしれない。

普段実践している自分の中で自分を説得(?)する方法 
その1:
猫は滅多に7匹揃っていることはなく、
思い思いの場所で2〜3匹の固まりになっていることが多い。
なので、リビングで3匹、寝室で2匹、仕事スペースで2匹と分けて考えると、
ぜ〜んぜんフツーやんwと思い込む。

しかし、寒くなるとひとかたまりになってくる・・・

IMG_3607.jpg

そーいう時は、
その2:
全部の猫が固まったとしても大型犬1匹くらいの質量。。。と考える。
大型犬より扱いやすいし、病院とかに連れて行く場合でも
分納できるから便利〜♪と脳内で言い聞かせている。

ポチっと応援よろしく~♪
 ポチポチッと応援よろしく~♪
 ポチポチっと応援よろしく~♪   にほんブログ村 猫ブログへ

愛情は掛け算

*多頭飼いメモ
10 /27 2017
102501 

花梨ファミリー(花梨、きなこ、胡桃)を引き取る時、
実はきなこだけ引き取るつもりだったのが、
流れで3匹まとめて・・・になってしまった。
(どんな流れだったか。。。はまた後日)
3匹から一気に倍の6匹になるのはさすがに(ちょびっとだけど)躊躇した。
ネコが増えることで一番心配だったのが、
1匹に注げる愛情がすくなくなるのでは?と思ったからだ。

102502

でも大丈夫。 
ご安心召されよ。(@時代劇かぶれ中)

102503 

愛情は割り算ではなく足し算、
いや掛け算になるのかもしれない。

どの子も、愛おしくて減るどころか愛情は増すばかり。


ポチっと応援よろしく〜♪

 ポチポチッと応援よろしく~♪
 ポチポチっと応援よろしく~♪   にほんブログ村 猫ブログへ

多頭飼いのススメ

*多頭飼いメモ
10 /16 2017
IMG_3661.jpg 

7匹も飼っていながら、
実は猫飼いの理想は2匹がベター、3匹がベストだと思っている。
根拠は・・・脳内にぼや〜っとあるものを少しだけアウトプットしてみた。

子猫時代に他の子達から離されて猫の社会性を身につけられずに
残念ながら単独飼いしかできない子もいるけれど
よほどの猫嫌いの子以外は1匹で飼うより多頭飼いをオススメしたい。

・猫同士で遊んで運動になる。
・家を留守にするときでも寂しくない。
・寒い時は猫団子で暖め合い、飼い主の身も心もあったかくしてくれる。

他にもあげればきりがないけれど、
なにより、いつか来る別れの時に
飼い主の心を慰めてくれるのは猫以外にない。。から。

1匹しか飼っていない場合、お別れしてしまった後からだと
「んじゃ次の子は・・・」となかなかそう言う気にはなりにくい。
前の子を忘れるようで辛いとか悲しいとか
罪悪感とかを感じてしまうからなんだと思う。
悲しいお別れは必ずくるけれど、
それで猫との暮らしを諦めてしまうのはもっと悲しい。

そういう私も、はじめての悲しいお別れの時は
もう、こんな悲しい思いはしたくない!と
当時飼っていた2匹の猫を手放したくもなったけれど
やはり、心の隙間を埋められるのは猫にしかできなかった。

というわけで、
猫にとっても飼い主にとっても多頭飼いをオススメしたい。
(まぁ7匹は多すぎる気もしないこともないこともないような………)
ranking_bnr.jpg
 ポチポチッと応援よろしく~♪
 ポチポチっと応援よろしく~♪   にほんブログ村 猫ブログへ

意匠屋

出会った猫たちを保護していくうち、気づけば・・・
2017年10月現在7匹。
多頭飼いとなるともちろん苦労はありますが、1〜2匹では味わえない楽しさ・面白さもたくさんあります。ちょっとだけフツーでないかもしれない多頭飼いの魅力を自慢紹介していけたらと思います。